資格制限のない債務整理、個人再生

MENU

資格制限のない債務整理、個人再生

親から引き継いだ事業が時代の変化にうまく乗ることができずに、かなりの多額の借金を負ってしまいました。

 

でも家族もありますし、事業をやめずになんとか収入を増やしていこうとしていたのですが、
もう自己破産するしかないかもしれないと弁護士事務所に相談することにしました。

 

弁護士が言うには自己破産は全ての借金が棒引きになる代わりに、職業に制限が出来てしまうのだそうです。

 

財産などを没収されるだけでなく、会社役員でいることもできなくなって今の仕事を続けられないのでは困ります。
私の場合は資格制限がなく、マイホームなどの財産を残しながら借金の圧縮ができる債務整理、個人再生が最適とのことでした。

 

残っている借金を1/5に圧縮し3年間で返済していくプランを立ててもらいました。

 

全てを失う覚悟でいたところ、家族の生活の基盤である家を残しながら借金を減額してもらうことができ、個人再生にして本当に良かったと思います。
役職を維持したまま仕事ができますし、あと1年で念願の完済ですから、借金生活に別れを告げることができます。

 

また家族をそのまま保ちつつ、協力して完済を目指すことができるところが個人再生の最大のメリットだと思います。

個人再生を行なった体験談を書きます

個人再生は、債務整理の一種で、任意整理と自己破産の中間のような手続きで、
任意整理をしても借金の支払いが困難であり、自己破産をしたくないときにとる方法です。

 

任意整理をすると高い確率で利子をゼロにできますが、元本までは減らすことができません。

 

個人再生をすれば、住宅ローン以外の元本を大幅に(5分の1程度に)減らすことができます。

 

住宅ローン債務だけは減らすことができませんが、住宅ローン以外の借金を大幅に減らすことで返済の負担が減り、
住宅ローンの返済ができるようになればマイホームを手放さなくてもすみます。

 

自己破産をしたらほぼ間違いなくマイホームは手放さなくてはなりません。

 

また自己破産をすれば自動車などの資産価値のあるものはすべて手放さなくてはなりませんが、
個人再生の場合は自動車などを手放さなくてもすむ場合もあります。

 

個人再生のデメリットとしては、自己破産と同じく官報に載ってしまうことと、
5年から10年の間はブラックリストに載るのでクレジットカードやローンが利用できなくなることです。

 

官報はほとんどの人は見ることはないので知り合いに知られる心配はまずないですし、
プリペイドカードやデビットカードは使えるのでデメリットよりもメリットのほうがはるかに大きかったです。

個人再生手続きの体験

数年前までは23%の金利で、勤め先によっては限度額をどんどん引き上げて明らかに
支払い能力を超えてしまっているのにお金を貸してくれるような社会でした。

 

カードローンやキャッシングなどは一度経験してしまうとまるで自分のお金を使うかのような手軽さで、街中にあるATMで簡単にお金が借りられるので気がつけば毎月の支払い額が収入を上回るようになり、自分のした事とはいえ月末がくると支払いができない恐怖、この先何年も借金に縛られる恐怖で鬱のようになってしまいました。

 

そんな折、電車の中吊り広告で債務整理の事を知り、司法書士に相談しました。

 

過払い金の払い戻しや利息の再計算など、様々な債務整理の方法があるなか、
私の場合は個人再生が一番という事になり、さっそく手続きにとりかかりました。

 

自分が準備するのは数年の銀行口座等の取引履歴と会社の退職金の要件のかかれた就業規則のみ。

 

後の金融会社への取引履歴の開示など、ほとんどの事を司法書士さんが代行で執り行ってくれました。
私の場合は3年かかって100万円を返済することになり、毎月28000円ほどを振り込んでいました。

 

個人再生すると、7年ほどはお金を借りたりする事ができないといいますが、
よい薬だと思い、贅沢をしないようになったので、ありがたく思っています。